おまとめローンは、利用金額によって金利負担が変化する

既に多くの会社から借り入れがあると、新たなキャッシングを受けることが難しくなります。審査が通りにくくなってしまうのです。しかし、おまとめローンで借金を一本化するとその後のキャッシングにおける審査が通りやすくなることがあります。

 

そこで新たなキャッシングを受けるためにおまとめローンを利用することも可能です。そのためには銀行よりも消費者金融のおまとめローンを利用することが大切となってくるのです。

 

銀行よりも消費者金融のほうが審査に通りやすい

金融の業界紙で発表される審査通過率を参照すると、消費者金融のほうが銀行よりも約二倍の通りやすさとなっていることがわかります。

 

通常のキャッシングと同様に、おまとめローンについても銀行よりも消費者金融のほうが審査に通過しやすくなっているのです。そこで急いでおまとめローンを急に利用するなら、消費者金融のほうが有利ということになります。

 

おまとめローンを急ぐ場合には

おまとめローンは、借金を一本化することで管理を容易にし、金利負担を軽減するために利用されるものです。そこでおまとめローンに関する融資目的は既存ローンの返済に限定され、通常はおまとめローンは急いで利用する必要はないものです。

 

しかし新たな追加のキャッシングが必要となった場合には、おまとめローンを利用して追加のキャッシングの審査を通りやすくする必要があります。また銀行の場合は審査に時間がかかり、融資まで1週間近くかかる場合があります。おまとめローンは通常のキャッシングとは異なり、既存の借入金についての情報も必要で、審査手続きが幻覚だからです。

 

しかし消費者金融ではおまとめローンについても、通常のキャッシングと変わらず審査時間は30分から1時間程度で済み、即日融資が受けられる場合もあります。そこで追加のキャッシングが必要である場合は、審査と融資が迅速な消費者金融のおまとめローンを利用する必要があるのです。

 

消費者金融各社のおまとめローンの特徴

消費者金融でおまとめローンを提供しているのはプロミス、アイフル、アコムの3社です。アコムのおまとめローンは、借り換え専用ローンという名称ですが、サービス内容は同様のものとなっており、大きな相違点は金利となっています。

 

おまとめローンの金利の違い

 

消費者金融3社のおまとめローン金利は下記のようになっています。

 

  • アイフルのおまとめローン金利 :12.0%〜15.0%
  • プロミスのおまとめローン金利 : 6.3%〜17.8%
  • アコムの借り換え専用ローン金利: 7.7%〜18.0%

 

ここで注目すべきは上限金利と下限金利です。上限金利は借入金額が少ない場合に適用される金利で、下限金利は借入金額が多い場合に適用される金利のことです。

 

ここで上限金利はアイフルが15.0%で一番低く、下限金利はプロミスが6.3%で一番低くなっています。そこで借入金額の水準によって利用する消費者金融会社を変えたほうが金利負担を安くすることが可能となり、おまとめローンを経済的に利用できるようになります。

 

おまとめローンでは、多額の融資を受けるのが通常

おまとめローンは借入の一本化のために利用されるローンであるため、融資される金額は既存ローンを合算した金額となります。そこでおまとめローンでは、100万円を超える融資を受けるのが通常です。3社ともおまとめローンの上限は300万円となっています。金利は当然、申込者の信用情報によって上下することになりますが、300万円に近い融資を受けるほど金利は下限金利に近づくこととなります。

 

おまとめローンによって融資される金額が300万円に近ければ近いほど、下限金利が安いプロミスにしたほうが金利負担が安いということになります。一般的には100万円を越えるとアイフルよりプロミスのほうが金利負担が安くなることが期待されます。逆に、おまとめローンの利用金額が50万円ほどの少額で済む場合、上限金利が安いアイフルの方が金利負担が安く出来ることになります。

 

中途半端なアコム

アコムは、上限金利でアコムに負け、下限金利でプロミスに負けています。そこで100万円から200万円までの間の融資であれば、2社と相違ない金利負担になると想定されます。しかしおまとめローンの利用金額が多い場合や少ない場合は、プロミスやアイフルのほうが金利負担が安くなるため、選択肢からは外れることになります。

 

おまとめローンでは、利用する金額に応じて決定する

このように、新たなキャッシングを利用するためにおまとめローンを利用するのであれば、すぐに融資を受ける必要があることから銀行ではなく、消費者金融を選択しなければなりません。

 

またおまとめローンの利用に際しては、金額に応じて金利が変化することに留意する必要があります。300万円に近い金額で利用するなら下限金利が安いプロミスが、50万円程度の利用となるのであれば上限金利が安いアイフルの利用が経済的となります。

お急ぎならこちらがおすすめ!カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日