ブラックリストに登録された以上はキャッシング以外の道も考えるべきです

ブラックリストに登録されている状態ですと、どこからもキャッシングができませんが、そのような状態でも当日中にお金が欲しいという場合もあるでしょう。

 

ただ、ブラックリストに登録されていると必ずしもお金は借りられないか?というとそうとも限りません。ここではブラックリストに登録されているかたはどうすればお金を借りられるか?といった点について見ていくことにします。

 

ブラックリストに登録されてしまっているかたがお金を借りる方法

ブラックリストに登録されていると、あらゆる会社で審査で落とされキャッシングが不可能だというのはご存知の通りです。登録されているというのは、本人に100%責任があるのは間違いありませんが、それでもキャッシングをしなければならないことはあるかと思われます。それも緊急を要するような用事であれば大変です。そのような時はどうすればよいと思いますか?

 

ブラックリストに登録されている状態でもキャッシングはできるのか?

そもそもブラックリストとは、キャッシングしたお金の返済が遅れることなどによって、信用情報機関に履歴が残されてしまうことです。これは永久に残されるわけではなく、5年間で履歴は抹消されると言われています。

 

その5年の間にキャッシングが必要な事態が訪れなければよいのですが、そのような事態が訪れると大変なことになってしまうのは明らかでしょう。

 

道が残されていないわけではありません

ブラックリストに登録されている状態では、大きな消費者金融は当然として、銀行でのキャッシング、そしてクレジットカードも新たに作ることが不可能とされています。普通はこういった状態では道が残されていないように思えますが、実はそうではありません。

 

ではお金を借りる道としてはどのようなものがあるか?

まず、銀行、消費者金融等ではキャッシングができないことは明らかなので、これら以外の方法を探っていく必要があるでしょう。そして、そのような方法として考えられるのは、次に挙げる3つの方法ではないかと思われます。

 

1つ目が、知り合いや家族から借りるという方法で、ブラックリストに登録されているかたは、この方法が一番確実ではないでしょうか?キャッシング会社や銀行から借りられないので、周りの人から借りるという方法ですね。

 

周りの人からお金を借りる時はこちらも気を使う必要がある

ですが、あまり大きな金額ですと特に知人からは借りることが難しいこともあり、それは結局はあなたがどれだけ信用されているかにもかかってきます。

 

また、あなたがお金を借りられるのは当たり前といった気持ちが少しでもあるようですと、それが態度に現れ断られてしまうこともあるでしょう。そして、このように断られることによって、知人等に対するあなたの見方も変わってしまうので、そうならないためにもお金を借りる際は気を使い、低姿勢でお願いすることが大事になってきます。

 

できれば借用書も予め用意しておくべきです。2つ目としては、現在入っている保険、勤めている会社、質屋は利用できないか考えてみる、ブラックリストに登録されている場合でも生命保険に入っている方はいらっしゃるでしょう。

 

生命保険によっては、保険の加入者を対象としてお金を貸し出しているケースが存在し、勤めている会社でも社員に対して同じくそのようなことが行われていることがあるようです。ただ、これらに関しては生命保険に入っていないかたは用いることが不可能であり、たとえ入っていた場合でも貸し出しは行っていない等、確実なものとは決して言えないのがネックとなっています。

 

身の回りのモノをお金に変える

これまでに挙げた方法以外では、身の回りの不必要なもの、貴重品を売ってしまう方法が挙げられます。売ってしまうのは多少惜しい気持ちもあるかもしれませんが、即座にお金が欲しいのであれば、そうはいかず、きっぱりと決断することも大事です。

 

3つ目としては、大きな消費者金融ではなく、それ以下の消費者金融を探ってみるという方法になります。大きな消費者金融ではキャッシングは無理ですが、それ以下の消費者金融に限っては、ブラックリストに登録されているようなかたでもキャッシングできるところが存在するようです。

 

このように言うと、闇金融ではないか?と思われるかもしれませんが、決してそうではないので安心してください。さらに言えば、ブラックリストに登録されているかたお金を貸し出すことそのものに何ら違法性はありません。

 

地方でのキャッシングは推奨できます

前述の通り、大きな消費者金融などではブラックリストに登録されることによって、キャッシングが非常に難しくなりますが、都会から離れた地方の消費者金融に限っては、このような利用者を獲得することによって、利益を上げていこうと考えているため、キャッシングが行えることがあるようです。

 

確実性はそれほど高くはありませんが、闇金融だけには手を出さない

とはいえ、大手でなくても審査では確実に合格できるかというとそうではありません。ブラックリストに登録されていないかたと比較すると流石に厳しい部分はありますが、そのような事情でもキャッシング金額を少なめに設定することで、話し合いによっては、貸し出しが許されるケースもあるということです。このように、大手でなくても断れれるケースもありますが、だからと言って闇金融を利用するのだけは絶対に避けてください。

 

今欲しいお金は何が何でもなければ困るのか?についてもう1度考える

債務整理を行ってまで減額した借金、そこでまたキャッシングすることによって減った借金が再び増えることになりますから、誰が見てもこれは賢い考えではありません。

 

どうしてもキャッシングしなければならない状態に近いのかもしれませんが、それをやっては債務整理の意味がなくなってしまうでしょう。

 

あっさりその気持ちを捨てる度胸も大事です

債務整理をした(する)かた、またそれ以上となる自己破産をするというのは、借金の返済から逃れたことになり、それまでの苦労からも逃れることにもなるので、それらを行った直後は”二度とキャッシングはしない”という強い気持ちを持たれていたかと思われます。

 

そして、そういった気持ちを一度でも持った以上は、今後はキャッシングに頼らない生活をしていくことを考えるべきであり、万が一、キャッシングをしたくなったとしても、あっさりとそのような気持ちは捨てていく度胸も大事なのです。

 

債務整理を行ったなら、これからはお金を増やすことに集中する

債務整理までして、借金を減らしたり、ゼロにしたのですから、これからはキャッシングするということからお金を増やすことに集中していくべきだと言えます。お金を増やすためには現在と同じ生活を送っていたのではそれが実現できませんので、現在の生活を180度変えるぐらいの心構えが必要です。

 

また、そこで債務整理までしなければならなくなった経緯を思い出すことによって、我慢しなければならないところなども見えてくるかと思われます。今回、ブラックリストに登録されていてもキャッシングが全く出来なくはないというお話しをしてきましたが、キャッシングする前にもう1度そのお金は本当に必要なのか?を考えてみることも非常に大切なことなのです。

お急ぎならこちらがおすすめ!カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日