自営業と新入社員ではどちらがキャッシングしやすい?

キャッシングの審査では、就いている職業の安定性が求められます。その点で自営業と新入社員ではどちらが借り入れを行いやすいのでしょうか。

 

これは基本的に新入社員の方です。もちろん過去にキャッシングやクレジットカードの支払いの遅延をしたようなことがないという条件が付きますが、信用情報にそういった問題がない場合、自営業と比べて新入社員の方が審査を通過しやすいといえます。

 

新入社員にも色々な種類があります

新入社員といっても色々な種類がありますが、やはり正社員が一番審査に通りやすいです。もちろん契約社員や派遣社員でも審査を通らないということはありませんが、安定性を求められるキャッシングの審査においては正社員雇用が一番信用されるということです。

 

そして新入社員でも収入が多いほど審査に通りやすくなります。最初からそれほど高い給与をもらえる社員もいませんが、高ければ高いほど審査に通りやすくなると思ってください。

 

勤務している会社にもよります

勤務先が誰でも一度は名前を聞いたことがあるような有名企業の場合、審査で有利になります。それほどの大企業でなくても、その地域では有名だというような地元の有名企業の場合でも同様です。これは有名な会社であれば、そう簡単に倒産するようなことはないと判断できるからです。

 

それほど会社自体は有名ではなくても、従業員数などの規模から審査で有利になることもあります。そういった大きな会社であれば簡単には倒産することはなさそうだと判断できます。またそのような大きな会社に入社できたということは、その人もそれだけ信用されているという見方も出来るからです。

 

会社を辞めてしまったり、また会社自体が倒産してしまっては返済が滞る原因になってしまいます。新入社員の場合は前者の可能性は否定できないので、勤続年数が長い社員より審査で厳しく見られる傾向があるという訳です。

 

公務員は更に有利です

有名企業の正社員以上に審査に通りやすいのが公務員です。この公務員という職業は自分から退職しない限り、まずクビになるということがありません。

 

また勤務先自体が倒産することもないため、キャッシング会社から見ると、最も安定して融資が行えるお客様ということになります。もちろん審査の通過率もその他の職業と比べてかなり高いです。

 

自営業の場合の審査のポイントとは

自分で事業を営んでいる自営業、個人事業主といった職業は、キャッシングの審査では不利だといえます。定期的に安定した収入があるとは判断できないためです。

 

言ってしまうと、アルバイトで毎月定期的な収入があるフリーターの方が審査に通りやすいくらいです。キャッシングの審査では職業の安定性を重視しているためです。

 

事業年数がポイントになります

ですがその事業を続けている年数が長い場合はその限りではありません。長くその仕事を続けているということは、それだけその商売が安定しているという判断要素になります。また周りから信用されていないとそこまで続けられないという点も評価になります。

 

キャッシングの審査では、返済が終わるまでにその人が退職しないか、また職場が倒産しないかといった点を考えます。そのようなことがあると返済が滞る大きな原因になるからです。自営業の場合はそれに加えて会社に勤務している人と比べて安定した収入は望みにくいという面もあるので、審査が厳しくなる原因になっています。

 

収入が多い場合は問題なく通ります

自営業でも収入がかなり多い場合は問題なく審査を通過できることがあります。それだけの返済能力があると判断できるからです。

 

このように自営業は会社員などの職場に勤務している場合と比べるとキャッシングの審査では不利になる要素が多い職業ですが、長くその事業を続けていて、収入もそれなりにある場合はそれほど不利にもなりません。ですが開業したばかりの場合はキャッシングの利用は難しいかも知れません。まずは事業の継続年数がポイントになると思ってください。

お急ぎならこちらがおすすめ!カードローン一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日