主婦が夫や家族に知られることなくキャッシングを利用するには

キャッシングを利用する際に必ず避けたいのが家族に知られてしまうことです。特に主婦の方の場合は、夫が借金嫌いという方もいらっしゃいますし、専業主婦の場合は夫のお金で融資を受けるため、夫に知られればなおのこと反対されるに決まっています。

 

主婦でも利用できるおすすめのキャッシング!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

消費者金融で知られることなくキャッシングを利用する方法

主婦の方でもパートで働いていると言う方ならば、消費者金融を利用することができます。消費者金融の場合の夫に知られずにキャッシングを利用するために注意しなければならないことは郵送物です。

 

もちろん、家族に知られないように男性がキャッシングを利用する際にも共通することですが、郵送物は家族に知られてしまう最大の原因となります。夫が家を空けることが多いと言うのならば、問題ないかもしれませんが、もしも自分が不在の時に夫がその郵送物を受け取ればどうしてもバレてしまうので、最善を尽くすことに越したことはありません。

 

ローンカードに注意する

郵送物として必ず送られてくるのがローンカードです。ローンカードが郵送物として送られてくると、さすがにバレてしまいますし、ローンカードからバレるということはかなり多いケースでもあります。ですが、ローンカードならば郵送を避けることが可能です。

 

大手の消費者金融ならば必ず自社の無人契約機を持っているものです。自動契約機を利用すればその場でローンカードを発行することが可能です。しかも、ネットなどで申し込みを先に済ませておけばかなりの短時間でローンカードを手にすることができるようになりますので、郵送をカットする際にはかなりオススメです。

 

また、これ以外の郵送物も、基本的にはカードローン関連だと知られないように、名義などを変更して送られてくるので、一目見てキャッシングを利用していると勘付かれることはないでしょう。その上、ローンカード以外で何か他のものが郵送されると考えられるのは、何度も遅延を行ってしまった際に遅れらてくる督促状程度ですし、しっかりと電話対応していれば、郵送物として送られることはありません。

 

ですので、きちんと返済を行っていたり、遅延や延滞をする際にも電話で対応をしておけば、そのような心配はありません。ローンカードの郵送さえきちんと防いでおけば後の心配はほぼありませんから、ローンカードにだけ注意を払っておけば夫にバレることなくキャッシングを利用することができるのです。

 

銀行カードローンを利用する際

消費者金融を利用することができるのは、自身の収入がある方だけです。専業主婦の方には仕事をしておらず、無収入だという方も多いでしょう。そのような方の場合は消費者金融自体からキャッシングの利用を断られるため、銀行カードローンを利用するしかありません。

 

もちろん、低金利ですので悪いことはありませんが、夫バレを防ぐために注意することが少し変わってきます。何より注意しなくてはならないのは、融資を受ける銀行の選択です。

 

必要な書類から銀行カードローンを選ぶ

専業主婦の方が銀行カードローンの審査を行う際に必要になる書類は基本的には三つです。身分証明書と、夫との婚姻関係を表す書類、主に住民票などです。そして、最重要書類が配偶者の同意書です。

 

配偶者の同意書ですので、夫にキャッシングを利用することを打ち明けなくてはなりません。そうすると夫にバレずにキャッシングを利用するのは不可能ということになってしまいますが、この配偶者の同意書に関しては、必要とする銀行と不必要とする銀行があるのです。

 

配偶者の同意書が不要な銀行カードローンを利用する

夫の同意書がなければ、夫に知られずに融資を受けられます。そのような銀行は、東京三菱UFJ銀行、横浜銀行、楽天銀行、イオン銀行、みずほ銀行、東京スター銀行、となります。これ以外の銀行ですと、基本的には配偶者の同意書が必須になるので、できるだけ避けた方がいいでしょう。

 

融資額が大きいのは楽天銀行スーパーローンかイオン銀行

この二つ以外の銀行ですと、融資額は最高30万円です。十分な金額ではありますが、もっともっと高額の融資を受けたいのでしたら、この二つの銀行です。これらの場合は融資限度額が50万円となっていますので、それくらいの融資を受けたいのでしたら、これらを選びましょう。

 

楽天銀行スーパーローンならさらに審査が楽

楽天銀行スーパーローンならば、さらに審査の際に必要な書類から住民票が除外されます。ですので、通常のカードローンと同じく、自身の身分証明書だけで済みますから、審査がかなり簡単と言うことになるのです。同様に横浜銀行も不要になりますが、利用できる地域が限られてしまいますので、地方在住の方ならば楽天銀行スーパーローンが確実にお得でしょう。

 

融資限度額も多くなりますし、どこでも利用できますから、楽天銀行スーパーローンが一番かもしれません。もちろん、きちんと返済できる金額で融資を受けるようにしなければ、夫バレするしないの問題ではなくなりますので、注意しましょう。

給料を得ている主婦と得ていない主婦ではどちらがキャッシングしやすいか?

働いていない主婦の方と比べ、働いている主婦の方はキャッシングにおける審査では合格しやすいとは言われますが、働いていても給料が少ないという場合や、働き始めて日が浅いとなるとそれほど合格率という点では変わらないようです。

 

これは、主婦で働いていないとしても審査で酷く不利になることがないためであります。そこで、今回は働いていない主婦の方がキャッシングすることについて見ていくことにしましょう。

 

自身で給料を得られていなくてもキャッシングは可能

アルバイトやパートで給料を得られていない主婦の方でも、キャッシングは可能とされています。ただ、これは銀行でキャッシングをする場合であり、有名な消費者金融においてはキャッシングすることが不可能ですので、お気を付けください。

 

なぜ、銀行のキャッシングがそのようになっているのかというと、銀行では”配偶者貸付”という制度が存在するからであり、自身の給料ではないということで、通常の場合と比べると提出する書類の数が多くなるというものの、これを行うだけで給料がなくてもキャッシングできるというのは魅力です。

 

”住民票”、”夫が同意している”、この2点だけで配偶者貸付は利用できる

配偶者貸付を利用する際に必要なこととはいっても、住民票、夫が同意していること、以上の2点だけです。住民票を提出するのはその夫と婚姻関係にあることを証明するためであります。

 

つまり、夫の給料でキャッシングするということで、まずは婚姻関係であることを証明し、それと同時に婚姻関係にある夫が同意していることを示すのです。また、本来の形式でいくとこれに加えて自身の身分を証明する書類が必要なのですが、必要といない銀行もいくつか存在すると言われています。

 

夫の同意がなくともキャッシングが可能な銀行とは?

夫の同意がなくともキャッシングが可能な銀行を挙げるとすれば、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行といったいわゆるメガバンクと呼ばれている銀行をはじめ、楽天銀行やイオン銀行、東京スター銀行や横浜銀行等となります。

 

すなわち、上記に挙げた銀行では夫の同意がなくてもキャッシングが可能ということで、提出する書類は住民票と自身の身分を証明する書類さえあればよいのです。また、これのよいところは、自身の給料でキャッシングする時と書類がほぼ同じであること、そして、審査の際に在籍確認が行われないことかと思われます。在籍確認が行われないことで、審査も単純なものとなるでしょう。

 

横浜銀行や楽天銀行では住民票も出さなくてよい

先のことだけでもかなりよいものと言えますが、横浜銀行、楽天銀行におけるキャッシングでは、住民票までもが出さなくてよいとされているのです。住民票がなくなることで、本当に必要なのは自身の身分を証明する書類だけとなり、自分の給料でキャッシングするのと変わりないことになります。

 

もちろん、この場合も在籍確認は行われませんので、自身でキャッシングする時と比べ精神的な負担もかなり減ることになるでしょう。ちなみに、この在籍確認に関しては、主婦の方に気を使ってそうなっているのではなく、最初から夫の勤め先には電話をしない規則になっています。

 

これまでのことからもお分かりの通り、普通に考えれば給料が得られている主婦は審査では有利になりますが、キャッシングをする銀行次第では、給料を得られていない主婦の方が気楽に審査を受けられるのです。

 

自身の給料でキャッシングする方が気楽な場合とは?

もちろん、全てにおいて給料がない方が気楽なはずはなく、きちんと給料を得られている方が気楽な場合も存在します。

 

そのような場合として最初に挙げられるのは、消費者金融を利用できることとなり、実は審査での合格率を見ると、給料を得られていない主婦が銀行でキャッシングする場合と給料を得られている主婦が消費者金融でキャッシングする場合では、消費者金融での合格率は2倍となっています。

 

つまり、書類を用意する手間や在籍確認を行われないというメリットがある反面、当然かもしれませんが、給料を得られている方の方がキャッシングはしやすいのです。さらに言えば、在籍確認も行われないようにすることも可能となっています。

 

パートやアルバイトで給料を得ている方が在籍確認を行われないようにするには?

前の項の最後に在籍確認に関するお話をしましたが、そのやり方について説明しておきます。今回ご紹介する以下の方法は、パートで給料を得られている主婦に限らず、全ての就業形態においても当てはまることですので、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

まず、お申し込みをする場所をプロミスかモビットにすることが条件となってきます。それから、社会保険証と給料明細を提出し、これに加えてモビットでは三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の口座の開設、プロミスでは電話での在籍確認をなくしてほしい旨を伝えることが必要です。

 

伝える手段としては自動契約機もしくは電話といった方法があります。プロミスでは指定の銀行口座は存在しないため、いずれかの手段で伝えることでキャッシングが可能となりますが、上記に示した2つの銀行の口座がある方なら、モビットを利用する方が電話等が不要な分、気楽と言えるでしょう。

 

モビットでは、インターネットでお申し込みすることで、誰でも在籍確認の電話をなくすことができるのです。ここでは、消費者金融においての在籍確認の電話をなくす方法について、お話ししてきましたが、やはり全体を通してみていくと、合格率では給料を得られている方に敵いません。

 

とはいえ、給料を得られていない方でもキャッシングは非常に容易ということもありますので、結論としては「キャッシングをすること自体は難しいものではない」となります。

お急ぎならこちらがおすすめ

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日